元気日記

4人子育てワーキングママ

2021年10月24日

【 せんきょのひとたち 】

【 せんきょのひとたち 】
これまで私が挑んだ選挙に、
遠隔地からも
応援に来ていただいた方々。
今回の衆院選に
立候補されている方もいらっしゃいます。
「今度は応援に行こう!」
家族で選挙事務所をご訪問。
こどもたちには、
「今から行くところはね。。。」
と伝えてから出発(^^)/
夜、小学1年生の娘が
手紙をくれました。
いつも、「だいすき」を
たくさん届けてくれるお手紙に、
今日感じたことも
書かれていました。
「せんきょのひとたちも、
 みんながへいわにくらせるように
 がんばってくれてるから」

______________
「選挙」活動は、
公平公正な活動になるようにと
「公職選挙法」で定められていて
限られた活動を行う中、
大きな拡声器から聞こえる声が
昼間の暮らしにご迷惑をお掛けするなど、
何かと「迷惑なもの」として
日常の中に「非日常」を
持ち込みがちです。
それが、選挙に限らず
灯油の移動販売や
焼き芋、
リサイクルの事業者さん
などなど、
私自身、
乳幼児の寝かしつけを
妨げられたときは
残念な気持ちも
たくさん経験してきました。
自身が候補者となったとき、
演説の冒頭には
お詫びとお願いを伝えてから
話し始めるようになりましたが
大きな音であることには
変わりありませんでした。
苦い思いを抱えながら
限られた活動を通して
どうやって、
目や耳に留めてもらい、
投票所へ出掛けてもらい、
自分の名前を
書いていただけるものだろうか。
試行錯誤ばかりです。
______________
このような存在である
「選挙」が
「私たちのために行われていること」
として
こどもたちに届いたことに、
嬉しくて胸がいっぱいになりました。
\未来をつくる投票に/
これからも、
「私たちの暮らしたい社会」について
共に語らい合っていきましょう!
いつも、ありがとうございます。

元気日記一覧へ