元気日記

元気日記

2019年12月28日

【バタバタの合間にカーテレビにて・報道によって触れた「事実」が 背筋を伸ばしてくれた】

https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/10/1011.html?fbclid=IwAR0oPlkjQ5g8iNgXE_poDZJIGPWMhdMjMVgqW5SwjlWCXDdyaIYP8nLedxk

 

NHKニュース/おはよう日本
来日 2018年ノーベル平和賞
性暴力と闘う医師
ムクウェゲ医師 “世界はつながっている”
________________

 

若い頃、
まだ、家庭を持つ前。

 

生きるリアリティとか、
守るべき存在とか、
まだ、無かった頃。

 

半径3M以内への関心よりも、
世界の数々の状況を見聞きすることで
心揺さぶられ、
「社会」への関心の窓となっていった。

 

そして、政治の役割を知り。
26歳で市議へ立候補。
31歳で家庭を持つまでは、
この感覚が多くを占めていました。

 

・・・・・・・

 

現在、
43歳、4人の子育て共働き。
年末、
半径3Mにジタバタしながら
おつかいに車を走らせ
駐車場のカーテレビからは
「世界での出来事」が飛び込んできた。

 

いろいろあった年の暮れに、
今一度、
「社会」と「自分」が
つながっていることを自覚し
胸熱くなったあの頃を
取り戻した瞬間。

 

どんなに日常に溺れていても、
アンテナ1本立てておこう。

 

束の間の「自分時間」。

 

活動されているムクウェゲ医師、
届けてくれた報道に、感謝。
ありがとうございました。