元気日記

元気日記

2014年7月31日

アンパンマンが教えてくれること☆

昨年
作者の「やなせたかし」さんが
お亡くなりになられてから
主題歌「アンパンマンのマーチ」は
意味が深いということでも
話題になっていました。
実はその少し前に
毎年おじゃまさせていただいている
校区の小学校卒業式で
卒業生たちの好きな歌を
記された印刷物に
「アンパンマンのマーチ」と
書いたお子さんがいたので
気になって調べてみて
感銘を受けておりました。
そして、
2013年9月議会の
質問冒頭(会議録はコチラから⇒)

歌を添えて
歌詞を紹介させていただきました。
我が家では、
夕方帰宅後のあわただしい
台所仕事をしたい時に
保育園から帰宅してグズる息子の
お世話をしてくれるのが
TVに映る「アンパンマン」のアニメです。
「困っている人がいたら自分に何かできることはないかな?」
と思っているだけだよ。
このフレーズを何度聞いたことか。
そして先日、
息子を保育園へ送り込みの
朝の道中で
知り合いのエンジントラブルを
発見し、子どもを送り込んだ足で
現場に向かいました。
大したお手伝いもできませんでしたが
その後
過分なるお礼のお手紙を
頂戴して
かえって自分が
優しいお心遣いに触れて
色々と学ばせていただきました。

毎日の一つ一つの出来事は
全て自分の選択の連続だから
いつも、
子どもの存在が
自分に恥じない自分であれと
支えてくれています。
娘は幼稚園が夏休みになり
お弁当をもって預かり保育に
通ってくれています。
キャラ弁は作れませんが
せめて、
キャラクターのスティックが
楽しいランチタイムを
手伝ってくれればと、
今日は食パンマンとアンパンマンに
お願いしました。

いつも、ありがとうございます。