元気日記

元気日記

2011年1月31日

横断歩道ができていた☆

■共感していただく喜び
昨年度末、
町内会長さんと一緒に
要望書を何度か練り直し、
市と守山署の担当の方に
「何故、そこに横断歩道が必要か」

わかってもらうために
努力したことがありました。
最近、その箇所を
通過すると、
歩道と車道を分離する
ブロックが
切られていて、
いよいよ
横断歩道が引かれる
準備がされていました。
そして、
ついに、
横断歩道ができていたとき、
とても
嬉しかったです。
カーブミラー、
側溝のふた、
横断歩道、
信号、
街路灯、
・・・など、
道路に付随する施設の
ご要望は
たくさんいただくのですが、
今回の案件は、
公共施設が新設されたことにより、
道路を渡る必要ができた
つまり
市民の動線が変わった
ことに由来するため、
必要性が、
明らかでわかり易いにもかかわらず、
行政担当者の方に、
いまいち、
ピンときてもらえなくて
歯がゆかった案件でしたので、
設置=わかってもらえた
との思いに、
喜びも大きかったのです。
ご要望には、
重要度の高低もなければ、
案件の大小もなく、
ひとつひとつが、
その人にとっては
とても大切な案件です。
これからも、
ご要望を
まっすぐ、
素直にお伺いして、
想いを受け止める
理解力を磨きながら、
受け止めたものを
解決できるように、
行動力を大切に
活動していきたいと思っています。
よろしくお願いします。
■29日(土)
健全育成大会に
出席しました。
小学生以上の方々が、
それぞれの
日ごろの活動、行動が
評価され、
また、
標語や絵が入賞し、
表彰されました。
私は、
就学期の大半を
長久手町で過ごし、
優良児童という表彰を
いただいたことがありますが、
尾張旭市では
善行青少年という名称で
表彰されていて、
8年前、
初めてこの名称に出会い、
とても印象深く思っていました。
今年の表彰者に、
近所にお住まいの小学生が
いらっしゃって、
今年は更に、
親近感がありました。
本当に、
おめでとうございました。
■子育てサロン
 だんだん
 毎月第4月曜日
 13時〜15時
 北本地ヶ原ふれあい会館
生後3ヶ月の頃から、
毎月、行きたいなあと思っては
雨だったり雪だったりで
なかなか参加できなかったのですが、
やっと
参加することができました。
社会福祉協議会が
開催してくれています。
異なる月齢のお子さんや
保護者の方々と
お友達になれて、
おもちゃもたくさんあって、
とても
新鮮で
興味深い時間でした。
楽しかったです。
あっという間でした。
また、来月参加できたらいいなあと。
ありがとうございました。
今週は、
我が子が
満5ヶ月を迎えました。
生活のリズムが
少しづつできてきたり、
笑ったり、
反応したりの
コミュニケーションが
少しでも
取れるようになってきていることが、
本当にかわいくて、
幸せな気持ちで満たしてくれます。
体力的には
厳しい毎日が続きますが、
人生の先輩方より、
「今しかない」と教わり、
貴重な毎日を
大切に過ごしていこうと
努めています。
今週も、ありがとうございました。