元気日記

元気日記

2007年2月27日

母の決意☆

母が「長久手町長選挙」に立候補を表明する記者会見に立ち会いました。
同席して、記者さんたちとの一問一答などやりとりを聞いていただけでも、
とても勉強になりました。
一時間余のやりとりの中で、
政治のシステム、めざすもの、描きたいこと、などなど。
とても整理されていて、
クリアーに自分の中に浸透していく時間でした。
この度の挑戦は、母が、長久手の町議会議員になった38歳から
衆議院議員を務めるまでの政治活動、
あるいは、
学生時代から続けてきた様々な社会問題や人権問題への取り組み、
そして、落選後も続けている地域活動など、
今日までの様々な母の歴史と経験の総決算であるような思いがしています。
また、私にとっても、母は、政治活動や議会活動を感じさせてくれる窓でありました。
そして、今、自分の足で歩いて4年目を迎えています。
今の自分だから、理解できたことがあると思うし、
今の自分なりの理解の仕方しかできなかったのだとも思うけれど、
地域で暮らす人たちにとって、「政治」がどのような「役立ち」を
できるのかという実践として、実現者として、
母として、先輩として、心から応援したいと思いました。
中日新聞の記事をココにhttp://www.chunichi.co.jp/00/sei/20070223/mng_____sei_____002.shtml貼ります。
お目通しいただければ嬉しく思います。
私も、4月に向けて、頑張ります。